エッチ

男なのにオッパイが大きい和樹のオナニー日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
画像 019b
着替えようとしたら後ろからオッパイを揉まれ…
いやっだめっ…
でも体は感じてる
乳首コリコリ・ビンビンの乳首…
舐めて吸われて・
ブラ外され…
四つん這いにされパンツ下ろされビンビンのペニ栗に舌が…
ベチョグチョ舌がペニ栗を・
あ~んっ・あっぁあっあっ~・齊
ペニ栗の皮を剥かれて…
あんあんっ
早くぅ・欲しいのっ
といいながら自然に腰が動いています。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

画像 022zv
今夜は、手だけでいいの。あぅ~ん、気持ちいいのよ。

 お尻に指を半分入れて上側にヒクヒクしてね・・・。
 あ、ソコ・・・ソコよ、前立腺・・・。おしっこが漏れちゃいそうになるわぁ・・・。
 あは~ん、左手はチンコをこすって・・・。
 指を2本入れて! ぁぁ・・・ぃぃ・・・。

 もっと声を出してもいいの? 淫らなことを言ってもいいの?
 あぅ~もっとよ。アナルかきまわしてぇ~。チンコをこすってぇ~。
 あぁぁぅぅ・・・ううう~ぁ~。和樹もういっちゃうわ。
画像 000015
和樹がよく行く公園で彼と待ち合わせてデートしたの。
 下校時間なのか、公園には近くの高校の生徒達がたむろしていたの。

 「あん、こんな所でそんなこと・・・いけませんわ。」
 和樹は彼の手を押えたの。だって、ベンチに坐ると、彼は直ぐにコートの下に手を忍ばせて妖しく触れようとしたのよ。
 「あぁん、だめよ・・・」
 でも、彼は、おかまい無しに手を侵入させてきたの。
 「アナタ・・・もう・・・あの・・・そんな・・・こんなところで・・・いけないわ・・・」

 「和樹、男の子達が僕達を見てるね。なんだか怪しい目つきで見ているよ。
 「ぁぁぁ・・・。」
 彼の言葉で高校生の卑猥な視線を意識した途端に、和樹のチンコが勃起してきたの。

 「あぁぁ、アナタ・・・」
 和樹は、彼の肩へ顔を寄せたの。
 「なんだか感じてきちやったわ・・・ぁぁぁ・・・」
 和樹は、コートの下で彼のおチンチンを握りかえしたの。
 「ラブホへ行く?」
 彼が耳元で囁いたの。
 「今すぐ欲しいの・・・。」
 和樹は、我慢できなくなっていたの。
 「分かったよ。」
 彼はそう答えると、和樹の手をとって立ち上がったの。そして、公衆トイレに連れていったの。

 辺りを見渡しながら、トイレに一緒に入ったの。トイレの個室で彼は和樹をギュっと抱きしめ、舌を絡めてきたの。
 「あうぅぅ・・・・もっとして・・・」
 和樹は、暖かい日だったこともあって大胆にも自分から着ている物を脱いで、彼を誘ったの。
 彼は乳房とチンコを丹念に愛撫してくれたわ。

 「あぁぁぁ~。」
 「和樹のアナル、もうビショビショだよ。凄いね。」
 「あん、あん、あ~ん。」
 和樹は、もう濡れ濡れの状態だったの。
 「ね、アナタ、ネ、思い切りシテ!」
 あられもなく和樹は求めたの。
 「こうかい?」
 彼は和樹を前かがみにさせると後ろからアナルを思い切りかきまわしたの。
 「あん、あん、あん・・・」
 猥褻な喘ぎ声がトイレに響いたわ。

 「あ~ん、あ~ん。」
 「そ、そんなに声を出すと、外の高校生に聞こえるよ。」
 「う~っ、あ~、だって・・・」
 「いいの? 高校生に気つかれても。」
 「あはぁぁ~、もう堪らないの! 入れて!」
 高校生を意識して和樹は叫んだの。

 「きっと高校生が勃起させながら聞き耳を立ててるよ。」
 「あはぁ~ん、そんな恥ずかしいこと、言わないで~。」
 和樹はのけぞりながら喘いだの。
 「和樹、何人の高校生がチンコを立てて亀頭を剥き上げてるのかな?」
 「ぅう~~あの子達、チンコを勃起させて剥いてるの?」
 和樹は一層興奮して聞いたの。

 「和樹、ひよっとしてあの子たちにも犯されたいの?」
 彼の言葉は和樹の淫乱さに火をつけたの。
 「入れて、もっと入れて突っ込んで!」
 和樹は聞こえよがしに喘いだの。

 「彼らに入れ入れさせてあげる?」
 「こんなふうに、みんなにズコズコさせてあげようか?」
 彼は淫らな言葉を続けたの。
 「いや~だめ~。」 
 和樹は呻いたけれど、アナルは物凄く汁を溢れさせていたの。

 「あぅぅ・・・あ~ん」
 淫らな想像に、和樹の脳裏は凄い淫乱状態になっていったの。
 「和樹は高校生にやられちゃうの?」
 「高校生のオチンチンってどんなのかしら?」
 「童貞の子だと、やりかたを教えてあげなきゃいけないのかしら?」
 卑猥な想像が和樹の頭の中を駆け巡ったわ。

 「和樹が、こうしてここを開いて教えてあげればいいよ。」
 「もっと開かなくて大丈夫かしら?」
 「若いから、きっとズコズコ入れ込むだろうな。」
 「あぁぁん、そうよね、若い人はきっといいわよねぇ~、あぁ~」
 「和樹は、何人もの男子高校生にとりかこまれて、続から続へと犯されるんだよ。」
 「ぅう~~イケないわね。そんこと思っちゃイケないわね。」
 「いいんだよ。それも高校生への人生指導だよ。」
 「ぅう~~イイの? ああ、だったら・・・高校生にもされてみたい~」

 「あぁぁ~気持ちイぃ・・・、こんなにケツマンコは気持ちいいのよ・・・」
 「ああ・・・もっと突いて・・・あぅぅ~」
 「ひぃ~逝くわ~ウグウグ~いひ~イックぅ~ぅぅぅ~イクぅ~」
 異常な興奮に包まれて和樹は、彼に抱きついたの。
画像 013bb
> 和樹、乳房をモミモミしてごらん。自分の手を僕の手だと思って・・・。
 あぁぁん・・・ギュっと掴むわ。

> そう・・・乳首をつまんで、グリグリも・・・
 うぅぅ・・・

> 段々下に下りて、太股を撫でながら、僕の指が秘密の茂みに触れるの。
 あぁあん・・・

> 触れた?
 もうたってるぅぅ。


> チンコしごいている?
 あはぁあはぁ、気持ちいいわぁ。

> 和樹の喘ぐ声が聞こえて、僕も立ってるよ。シコシコしてるよ。
 はあはあはあはあ・・・

> ビンビンになってる?
 もう・・・超ビンピンよ。

> まだ、アナルに触れてはいけません!
 あぁぁん、駄目なの?

> 僕が許すまで触れないで!
 うぅぅん・・・いじわるぅ~

> 指を1本だけ入れていいよ。
 あはあは・・・

> 少し出し入れして・・・
 にゅるにゅるになってるわ。

> 段々淫乱な喘ぎ声が妖しく聞こえて、本当にケツマンコしてるみたい。
 あぁん、あぁんぁん・・・

> では、2本入れていいよ。
 うぅぅ~~ぁはぁぁはぁぁ、ぁ、ぁ・・・

 ね、アナタ、ねぇ・・・して・・・

> ダメまだ
 うう~~

 アナタのはどうなっているの?
> 僕の鈴口から、我慢汁が滲み始めたよ。

> 和樹、アナルにバイブを入れてグリグリしていいよ!
 うう~ああん・・・

> してる?
 してるわ~、あぁぁん・・、。

> 僕もシコシコししてるよ。
 うう~うぅぅ~

> 和樹、ネチャクチャしてる淫乱な音を聞かせて!
 あぁぁん、あぁぁん・・・

> は~いい~ね。
> ね、僕のが入ってるようにバイブを突っ込んで! 奥に!
 いぃぃひぃぃ~

> 突くよ、思い切り突くよ。
 うぅぅ~イク~

> ドクドク、逝くよ!
 アナタ、イク~イク~イク~
画像 010bb
最近暖かくなってカーセックスのしやすいシーズンになりました。
先日もH友の彼と車の中でHしました。
カーセックスといっても彼の車は後部座席が広くてベットみたいに改造してあるのでさほど狭さは感じないんですけどね。
ドコででもできてかえって便利。
雨の日の休日、ヒマしてる和樹に彼からのメールが。
「ヒマならしゃぶってほしいな」もちろんオッケーでした。
和樹の家の近くまで迎えにきてもらってこれまた近所の駐車場に車を停めて開始です。
久しぶりにHできるのでちょっと張り切っちゃいました。
まず彼の上着を脱がせて首筋や乳首を愛撫。
乳首を吸うと気持ち良さそうな顔をするので彼もココが感じるんだな~なんて思ってました。
乳首からおなか、おへそへとキスして彼のGパンに手をかけました。
ボタンをはずして脱がすとトランクスにはすでにシミができていました。
ぱくっと咥えたいのをがまんして先端に軽くキスをすると足の付け根と袋を念入りに舐めました。
その間にも先端にはどんどん雫が溜まっていきます。
もうたまらなくなって焦らすはずがつい咥えてしまいました。
そのときの彼の顔がすっごくセクシーで和樹のペニクリも一気に勃起てしまいました。
先端を舐め転がしたり、舌で裏筋を擦ったり、彼の「いいっ」て声が嬉しくてつい頑張ってしまいました。
しばらく舐めてもう入れて欲しかったのですが、目で御願いしても「まだダメだ。もっと舐めろ」となかなか入れてくれません。
彼もちょっとSくんなんですよね。
頭を押さえられのどの奥まで含んで出し入れをし、やっと満足したようで挿入が許されました。
寝そべる彼に跨って騎上位で挿入。
彼の太くて長くて大きなのを奥まで入れてもらってキモチイイ!!彼も和樹のナカはかなりお気に入りらしく、すっごい気持ち良さそうな顔していました。
騎上位でしばらく動いていると彼の手が和樹のペンクリに……和樹はペニクリを触られるのがすっごく弱くて、すぐイッてしまうんです。
良すぎて変になりそうで「いやっ」て抵抗しても「だ~めだ」とやめてくれません。
ペニクリを擦る手をどけようとしてもかえって押さえつけられ更に激しく擦られてたまりません。
膨らんだペニクリを皮ごとつまんで強く揉んでみたり、皮を剥いて擦ってみたり。
もちろんその間も彼の大きなペニスは出し入れされています。
そして弄りやすいよう騎上位から正上位に変えられ更に攻められます。
感じすぎる快感の渦から逃れようともがくのですが、Sな彼には火に油だったようで、腕は指の跡がつくほど押さえ込まれ脚は抵抗できないよう肩にかつがれてしまいあとはもう感じさせられるままでした。
奥の奥で彼のペニスを感じ、ペニクリからの痺れるような快感を感じ連続で2回イカされてしまいました。
イッて敏感になっているところに更に追い討ちをかけるように彼のがつながってるお尻へ……彼のペニスを含んでいっぱいに広がっているお尻に指を入れてきたんです。
裂けるんじゃないかという感じのピリッという痛みと前立腺を突かれる快感にほんとに変になるかと思いました。
そんな風にされながら、またしてもイッてしまいました。
そのあとは彼のペニスを口に含んでフィニッシュ。
1時間以上のハードセックスでした。
その時間中エレクトしっぱなしの彼は終わって脱力してました。

 | Copyright © オカマの和樹の部屋 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。