2012年05月

男なのにオッパイが大きい和樹のオナニー日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その夜は、職場の送別会で、帰りが遅くなったの。3月末で仕事を辞める人を囲んで、メキシカンレストランで盛り上がってしまったのよ。
 一次会が終わって、カラオケに行こうということになって和樹も一緒に行ったの。何曲か歌って、ふと時計を見るともう12時近くになっていたの。
「終電がなくなるぅ・・・」
 さすがに午前様はできないので、盛り上がっている皆を後に急いで和樹は一人で帰ったの。酔ってフラつきながら駅まで行って、電車に乗ったの。

「終電って結構人が多いのね。」
「どんな人が乗ってるのかしら?」
 酔ってちょっとエッチな気持ちになっていた和樹は、「いい男はいないかしら・・・」なんてなんて人間ウォッチングをしていたの。
 高校生みたいな制服姿の男の子も沢山乗っていて、「今は自由な時代なのね・・・」と関心していたの。

 最寄りの駅について、公園を抜ける近道で帰ることにしたの。
 その公園は、昼間でも鬱蒼としていてあまり通らないのだけど、和樹は酔って気持ちが大きくなっていたのね。
 深夜の公園は外灯の明かりも薄暗くて、ちょっと怖い感じだったわ。
 でも、「大丈夫よ。」なんて独り言をいいながら、公園の中を通り抜けることにしたの。

 ちょうど公園のトイレの前を通り掛かると、トイレの中で怒鳴りつけるような男性の声と男性のうめき声が聞こえてきたの。
 和樹はびっくりしてトイレに近づいて様子を見ると、身体障害者用のトイレが開いたままになっていたの。
 中には数人の若い男性と便座に座った制服の男子高生らしき男の子が見えたの。

 男性の一人は、パンツから肉棒を出して、男の子に咥えさせていたの。
 最初はいやがっていた男の子だけど、覚悟を決めたのか、美味しそうに舐めはじめたの。喉の奥までくわえたり、裏筋に舌を這わせたりしていたわ。
 男性は、腰を前後に動かしながら快感を味わっていたの。

「す、凄いわぁ・・・」
 覗いている和樹は、あまりの光景に酔っているせいもあって、次第に力ラダが熱くなってきたの。
「ぁぁぁぁぁん・・・」
 和樹は声を漏らしたの。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


アナタのチンコを咥えて、しゃぶってあげるわ。
どう? 気持ちいい?

したくなる?
もう、我慢汁が出てるわよ。チュウチュウすすってあげるわ!

今度はアナタがしてね。額に、唇にキスして!
乳首にも、そして和樹のチンコにも・・・。

指で、和樹のお尻の穴を・・・あは~うぅ~いいわぁ~

あぁぁ、そんなこと・・・あぁ~ん、恥ずかしいわ・・・。

1本・・・いやぁん、もっとよ。2本・・・あぅぅ~ググっとして!
ああ~うう~いいわ~

アナタの上に、騎乗位でまたがって・・・・

あ~はぁ~和樹の中にアナタが入ってる~~。

おっぱいもモミモミして、
親指で、クリもグリグリ弄って!

繋がってる所が丸見えだわ。恥かしいわ。

下からグイグイ突き上げて! 和樹も、上から高速でジュブジュブグチュグチュするわ。

うう、う~~あう~いっちゃうラ~中に出して!!
jjz 001
今日は地元のスーパーの試着室でオナニーしてきました。店員さんに声を掛けて、ジーンズ2本を持って試着室に入りました。中に入ったら急いで全裸になりました。カーテンの外には店員のおばさんが待っています。突然開けられるかもしれません・・。そんな事を考えると緊張してドキドキしました。そしてオナニー・・・。ものすごい緊張していたので、おっぱいと、チンコをちょっと乱暴に指で刺激してみました。すごいスリルと快感で息が荒くなってきました。

そしてその場でしゃがんでケツマンコに指を挿入・・。中は少し湿っていました。入ってもう3分くらいになります。そろそろ店員さんが声を掛けてきそうです。そして怪しまれるかもしれません。でももうちょっとだけ変態な事をしたいです。バックには持ってきたローターがあります。でもこれは危険すぎます。でも、とにかく何かしたくて左手の中指を無理やりお尻の穴に入れてみました。痛いけどなんか興奮しました。そして右手でチンコを激しくこすりました。ちょっとだけ、はく息と音が聞こえてしまうような感じでしてみました。それはやっぱ30秒くらいが限界で、その後は急いで着替えて、試着室から出ました。

そして待っていた店員のおばさんに「今回はやめます」と言って、ジーンズを渡し、急いで下の階のトイレに入りました。鏡をみると自分の顔が真っ赤になっていました。そして手を洗う前に左手のにおいを嗅いでみました。・・・・。すごい事をしてしまった事を実感しました。

その後はトイレに入りまた全裸になって、恥ずかしい格好をしてみたりして激しくオナニーしちゃいました。今でも思い出すと興奮してきます^^
画像 014
和樹は、今オナニーしてるの…
お掃除してたら好きな人の使ったティッシュをみつけちゃった…
あぁ…あなたの精液のにおいがたまらない…!
なめたい…こんなにいっぱい出して…あぁ…
…じゅるじゅる…和樹としてもまだこんなに出るなんてすごい…!ああ…おいしい…!
すきなの…あのぶっといおちんちんがすきなのぉ!
思い出しただけでアナルマンコがヒクヒクしちゃう…
あぁ…入れて…あなたのちんぽ入れてぇ~!
すき…ちんぽ…ちんぽすき…
ズボズボしてぇ!
ちんぽがいいのー…ちんぽすき…すき…ちんぽ…!
あああぁ…
あなたの精子でオナニーしてるのみて!
きもちいいの…はぁ…はぁ…
よつんばいで指をいれて、3本もいれて…
あなたのかんじてる声思い出して…おもらししちゃった…
いつもみたいにうしろから見て…あ…出てるの見て…
ぅあ、ああ、あ…もういっちゃう…あなた…
ちんぽでいきたい…
ちんぽほしい…かたいのでごりごりしてぇ!
すきよあなた…あっ…はぁ…ダメ…
すき!いくっ…いく…すき…あ…いく!いく!いく!いくっ!
精子でいくー!精子いい!いくいくいくいくぅーっ!!
はぁ…はぁ…まだ…
まだ足りない…
ちょうだい…もっと精子ちょうだい…!
画像 020
あるサイトで知り合った男性にいつもオナニー動画や画像を送ってもらって…

見ていると無性にしたくなって。

部屋でオナニーしちゃうの、

連続で3回もいく事があって、とても気持ちいの。

この間、相手の男性から、アナルマンコ指を入れてするように言われてしたら、

潮を見たいな液吹いてしまって!

驚いちゃった。

和樹の動画も送ってすごく恥ずかしいけれど、見てもらってます。
ll 003
一番インパクトが強かったのは、蛸に犯される夢

顔がわからないんだけど 男の人と海水浴にいく

岩場みたいなとこで、カニとか貝とか 採って遊んでいると その男の人が、蛸を捕まえて

和樹にわたしてくれた。

和樹は、気持ち悪くって離してしまうが、蛸は和樹のチンコにへばりつき 落ちない

男の人が離そうとするが、なかなか取れない・・・

その内、触手の一つが和樹のアナルのくぼみを見つける。

身の危険を感じている蛸はその穴めがけ入ってこようとする。

「あっ、やだっ アナルに蛸の手が入ってくる・・」 気持ち悪さと、気持ち良さと入り混じって

身悶える和樹 男の人が 「水の中にはいれっ」 と叫び 和樹は海に飛び込む

水の中にはいると なぜか蛸が巨大化し パンツを脱がされて、アナルに手を二本いれて

胸を別の二本で愛撫 残りの手で和樹の体中をまさぐっている。

アナルに入った手で出し入れされ、チンコもこすられて、 和樹はイってしまう・・・

イッタところで目が覚める・・・ なんにもしてないのにパンツはぐしょぐしょ

ん~・・・欲求不満なのかなぁ 
etp 007
一日中パンツを我慢汁で濡らしています。

さっき帰宅して全部脱いだら…

ちくひ゛勃起してて、

ペニ栗はビンビンになってる…

触り出したら止まらなくて、窓空いてるのに、エッチな声我慢できない…

電気は消えてるけど、カーテン細く空いてるのに、窓に向けて足を開いて…

でもやめられないよぅ…
画像 019
和樹は浣腸の経験があるの。
その時は、彼にイチジク浣腸を何本もアナルに注入されて・・・お風呂場に連れて行かれたの。
お風呂場では、彼の体を洗うように言われたのよ。
和樹は体もアソコも一生懸命綺麗にしてあげたわ。口でも・・・してあげて・・・。

そんなことをしているうちに、最初は平気だったお腹が、さすがに途中で痛くなってきて・・・
だから何度もトイレに行かせてくれるように頼んだの・・・でも、彼は行かせてくれなかったの。

お腹がグルゥグルしてきて・・・
「あぁ・・・苦しい・・・。もしかしたら、もう既に漏れているかもしれないわ・・・」
「えっ?この洗面器を跨ぐの? ここでしろっていうこと?」

あぁ・・・駄目・・・恥ずかし過ぎて・・・できない・・・
でも・・・あぁ・・・うぅ・・苦しいぃ・・・

「あぁ・・・・駄目・・・見ないで・・・」
我慢できない・・・
etp 001
汗ばむほど暖房の効いた部屋で彼にスパンキングされながら縛られたの。
 淫らなAVを見せられて、身動きできないように両手を後に縛られたのよ。

 彼は、和樹の恥ずかしい所が潤むのを視姦して、恥ずかしい言葉で和樹を責めるの。
「和樹も、あのAVのように舐めて貰いたいんだろ。」
「もっと広げて見てやるよ。」
「どうだい? こんなふうにケツマンコを舐められるのは・・・」

「あぁぁん・・・いやぁぁん・・・だめぇ~あぁぁん・・・」
 和樹はただ喘ぐだけだったの。

「もうケツマンコはトロトロだよ。それに愛液が滴って太股を伝わってるよ。」
「でも、和樹は、こうして舐められるだけでは満足しないんだよね。」
「もうそろそろ僕のの剥けたチンコが欲しいんだろ。」
「言ってごらん・・・」
「恥ずかしくて言えないのかい?」
「そんな破廉恥な言葉は、淑女の和樹は、言ったことが無いということかな?」
「チンコの代わりに、舌を硬く丸めて、チンコのように入れいれしてあげるよ。」

「うぅ~ぅぅ・・・」
「あはぁん・・・もう、ぁはぁぁ~・・お、お願いぃ」
「あのぅ・・・はぁあはぁはぁ・・・うぅ~」
 和樹は喘いだの。

「どうしたの?」
「あんあんあんあはぁぁ~あのぅ・・・アナタのを・・・」
「何を?」
「あんぁぁ~入れてください・・・」
「チンコ入れてください~」
 とうとう和樹は求めてしまったの。

「ここを、あはぁぁ・・・ここへ・・・」
「これ、これを、モット・・・グイグイ・・・してぇ」
「うぅ・・・いいわぁ~ケツマンコ、好きよ~あぁぁ・・・いくぅ~~」

 一端、彼にジュルジュルと突込まれると、それまでの楚々とした淑女は消えて無くなってしまったの。
 ただ、淫らに求める雌になってしまったのよ。
画像 035b
和樹はPCに向かうと、もぅスグに、勃起して、我慢汁でニュルヌルになるの。
 シタクってアナルが熱く疼くのよ。
 「後ろから、ばんばんバコバコ貫いて!」
 なんて、あられもなく言っちやうの。

 アナタも、PCの和樹に捉えられて、男根をビンビンさせてるの?
 和樹は、四つん這いになって、恥ずかしいたまたまとお尻の穴を見せてあげるわ。
 あぁぁん、お尻に入れてくれる?

 ケツマンコに中指と人差し指を入れて、ジュブジュブ出し入れして! 
 グリグリリぐりぐりかきまわして!

 チンコをむき出して、舐め舐め、ペロペロ、カミカミして!

 あぅああぅぁあ・・・・いいわぁ
 あはああんあ~ん~もうがまんできないわ~
 ああ~入れてェ~
画像 023zv今日は地下鉄の電車の中でオナニーしました。はじめ、電車に乗るまではきっとオナニーできないと思っていました。でも、いざ、電車に乗ってみると、朝の上りの電車ほどには混んでいません。サラリーマンや学生さんで少し混んでいるだけでした。どこで、オナニーしようかと迷った挙句、電車と電車の連結部分の通路のとこでオナニーしました。やっぱり、ドキドキしてきてもう、ズボンが膨らんでような気がしました。ポケットに手を入れて、チンコを指先でツンツン、トントン叩いたりしました。それから、チンコを上に押し上げるように、今度は押し下げるように・・・・。だんだんパンツ越しにチンコが大きくなっていくように感じられて、コリコリしてきちゃいました。さらに、チンコを上下にブランブランさせていじめました。もう、ほんとに気持ちよくて。声がだんだんでそうになって来ました。でも、電車の騒音が和樹のあえぎ声を打ち消してくれてるみたいで・・・・・。「あーん、あんあんあんあん・・・・気持ちいいよ。思い切って反対の手でアナルも触ってしまいました。アナルとチンコを両手でいじめていると、思わず我慢できなくなっちゃって・・・。」「あーん、あんあんあんあんあんあ・・・イクイクイク・・・・」。でも、イッタときの顔は見られると恥ずかしいので下を向いてしまいました。到着した駅で、思わずトイレに駆け込んで、ズボンを脱いでショーツを裏返してみました。やっぱり、いやらしい精子がたっぷり、ショーツに染み込んでいて、ヌルヌルしてテカテカ光っていました。だれかにも見てもらいたいほど、えっちな匂いがしています。おうちに帰ってからも、今日の電車でのオナニーのことを考えながら、オナニー
ppk 001
目隠しされ、下着を着たまま荒縄で両手を後ろ手に括られたの。
「いやよ~だめぇ~」
 泣くように呻く和樹の下半身を彼は淫らにはだけたの。
 彼は、和樹の自由を奪って、弄び虐め辱めたの。

「いや~~」
 青色の洗濯挟みで両方の乳首を挟まれて、和樹は泣き声になったの。
「痛いわ・・・だめぇ~、お願い止めてぇ~」
 和樹は身悶えて逃れようとしたの。

「ひぃ~」
 更に、彼は、パチんとチンコも挟んだの。
「一番感じるところも・・・ね。いいだろ。」
「いや~だめぇ~許してぇ~」
「身をよじって逃れようとしても駄目だよ。」
「うぅぅ・・・」
「こんなにチンコが興奮して飛びでてるからね。」
「もう・・・もう・・・許して・・・」

「いい眺めだね。」
 そう言うと彼は和樹の下半身で揺れる5個の洗濯挟みを、指でピンピンしたの。
「痛い?」
「アナタ、許して・・・お願い・・・おかしくなりそうなの・・・。」
「ふふ・・・和樹はMだね。」

「こんなの恥ずかしいぃ~~あはぁ~」 
 痛くて恥ずかしいのに、和樹は体が疼いて堪らなくなっていたの。
「あはぁぁ~あんあんあ~ん・・・あはぁあはぁぁ~」 
「和樹ッたら、もう、妖しい声で喘ぐんだから・・・。」
 彼がチンコを洗濯挟で挟んで引っ張ると、和樹の身体は自然とブリッジに・・・。
「はああぁ~うぅ~アナタ・・・あなたのを頂戴・・・お願い~。」
 和樹は喘ぎながら求めたの。

 彼のモノはもうビンビンになっていたわ。
「後ろから、さあ、お尻を突き出してごらん。アナルが見えるように・・・そう、アナルの中で硬く勃起した男根を暴れさせてあげる。」
「あぁぁ・・・はやくぅぅ~」

「このまま入れるよ。」
 彼は肉棒を和樹のアナルに一気に貫いたの。
「チンコに挟んでるのもこのままだよ。」
「ひぃ~」
「あぅぅ・あぁぁぁ・・・」

 彼は、和樹の後ろから獣のように犯したわ。
「あぁぁうぅあああ・・・」
 和樹は痛みと快感の区別もつかなくなって喘ぎ声をあげたの。
「イイね、僕に虐められて、ケツマンココワレチャウかもね。」
「うぅぅ・・・あぅぁぁぁぁ・・・」
 お尻をワシづかみにされながら、和樹をお腰を雌犬のように振り続けたの。
「和樹は、虐められても、男のモノを入れいれして欲しくて堪らないんだね。」
「あぅぅぅぁぁ・・・」
 和樹には返す言葉もなかったの。

「あぅぅあああぅ・・・ほんとうに壊れちゃうぅ・・・」
 和樹は、あまりの快感に、歯を食いしばって、両手をかきむしって身悶えたの。
「あああああぅぅぅああぅぅ・・・いくくぅぅぅ・・・」
 とうとうそのまま和樹はイッテしまったの。和樹は本当に自分が変態だと思ったわ
-----
apa 001
アナタって、本当にエッチね。もっと乱れる和樹が見たいんでしょ。

> Hって書いたバイプでしてる?
 してるわよ。アナタのイニシャルのはいったバイブで、オナニーしているの。
 毎日、アナタに犯されているのよ。

> 僕が見てるの、もっと見せて。
 こう? もっと開くの? グチュブチュ出し入れするわね。

> 本物と本番するより、自由自在でいいのかしら?
 自分の好きな時にできるし、病気の心配もないし、それに、一人だとどんな淫らなことを想像しても大丈夫でしょ。

> そんなに奥に、オッキイのを入れて、もう凄い。
 高速でかき混ぜて・・・
 ああ・・・いいわぁ・・・

> そのバイプと代わりたいよ~
 アナタ~、早く来て!

お風呂に入ってるときに体を洗っていたら何か感じちゃっ
て、オナニーを始めちゃったです。
まずは、シャワーを「強」にして出して おっぱいに当ててみました。
「ふぁ・・・んんっぁんっ!!」
『指でクニクニするのより・・気持ち・・いい///』
お風呂場なので自分の声がすっごく響いて恥ずかしくて、すぐに和樹のチン
コは超勃起になっちゃいました。
左手でシャワーを持っておっぱいを刺激して、右手はだんだんチンコ
へ・・・。
触れた瞬間、「んっ!!ひゃぁんっっ!!」ってすごくおっきい声が出ちゃ
いました。触れただけであんなに声が出ちゃうなんて・・・。恥ずかしいよ
ぉ///

立ったままの姿勢だったので、足がプルプルしてきちゃったので、いすに座
ることにしました。足を前にある台に乗っけて思い切り足を開きました。
そうすると、自分のチンコが丸見えで、その上前にある鏡に、和樹のエッチな
格好が写ってて、もうエッチな気分で変になっちゃうかと思いました。

その後、シャワーを出したままにして床に置きました。シャワーの音で和樹
のエッチな声が家族に聞こえないように・・・。
チンコを見てみると、もう我慢汁がたれて、来ちゃってて、
我慢できなくなって、左手でチンコを刺激して、右手の指を一気にアナルの中
に入れました。
「ああぁっ!!んぁっ・・ふぁあっ!!」
和樹のアナルは熱くて液でグチュグチュになってて、シャワーの音よりも
アナルの音の方がおっきな音で聞こえました。

「んんぁっ!ああっっ!!いい・・和樹のチンコとアナル・・気持ちいいのぉっ!」
指は速度を速めて、和樹はすぐにイってしまいました。
画像002tp
エッチメールのお返事を書いてると感んじて来ちゃうの。
 だから、オナ二ーしながらお返事を書いたりしてることが多いのよ。オナ二ーは、指のでする時もあるし、器具を使う時もあるの。
 
 オチンコから我慢汁を流しながら、メールの内容に合わせてオナニーするのよ。
 メールがバイブを使うものだったら、和樹もバイブを使うとか・・・、そうすると一層興奮するの。

 チンコを触りながらパソコンも触るから、パソコンにもチンコの臭いがついたりして・・・クサイパソコンになっちゃってるの。
 
 オナニーをしていると、最初は透明だったお汁が白くなってくるの。そして、部屋中が淫靡な臭いで充満してくるの。
 そして、和樹は、「ケツマンコして!」って叫んじゃうの。

 | Copyright © オカマの和樹の部屋 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。