淫らな影のこと

男なのにオッパイが大きい和樹のオナニー日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
jjz 005
先日見せられたアナタのチンコが脳裏に焼きついて、ベッドに入っても、アナタが迫ってくるようで腰が蠢くの。

「アハ~オオキイのねぇ。硬いのが欲しいわ~」
全裸になって妄想に身悶える和樹なの。

「ここよ、此処に!」
和樹は、腰を上げて濡れたケツマンコを突き出すわ。

アナタは、和樹のチンコをつまんで、イニシャルの入ったバイプをチンコに宛てるの。
時々アナルにも少し入れて・・・、何度も何度も繰り返すの。一方の指では乳首も刺激しながら・・・。

「来て、此処に!」
和樹は喘ぎながら、アナタを迎えようとするの。

アナタが焦らすように、入り口でツンツンすると、
「ダメぇ~うう~此処に!」
和樹は、身悶え、腰を動かし半入れのバイブを、咥え込もうとするの。
それでもアナタは半入れで・・・、でもだんだん高速に動かすの。

「奥に、奥に頂戴!」
和樹は、悶え狂い、妖しく腰をブリッジさせて、淫乱な姿態で求めるの。

「アナタ、見て! 見て頂戴!」
チンコの包皮を自分で剥ぎ上げて、あられもなくのたうちまわる和樹よ。
そして、遂にたまらず、グぐっと自分からアナルに挿入し、お尻を打ち震わすの。

思いっきり出し入れしながら、中ではグリングリン、チンコにはブルブルになるようにスイッチを最強にするの。全身を淫乱電流が走るわ。

メクルメク快感が陰部を熱くさせ、グチュクチャとオカマの淫汁の泡を吹かせてるのよ。

「アアア~、いいわ~、犯して、いっぱい犯して~!」
「うぅ~、くくぅ~う。あ、あ、あ~、ウグ~はあぁ~」
妖しい切羽詰った喘ぎをあげるのよ。

「いひ~いい~うう・・・、いっちゃうぅ・・・逝く、イクワ、いぐわ~アナタ~」

それでも、まだ、和樹のオナニーは続くのよ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://wcptc054.blog.fc2.com/tb.php/20-2a2a31b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © オカマの和樹の部屋 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。