洗濯挟みの悶えのこと

男なのにオッパイが大きい和樹のオナニー日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ppk 001
目隠しされ、下着を着たまま荒縄で両手を後ろ手に括られたの。
「いやよ~だめぇ~」
 泣くように呻く和樹の下半身を彼は淫らにはだけたの。
 彼は、和樹の自由を奪って、弄び虐め辱めたの。

「いや~~」
 青色の洗濯挟みで両方の乳首を挟まれて、和樹は泣き声になったの。
「痛いわ・・・だめぇ~、お願い止めてぇ~」
 和樹は身悶えて逃れようとしたの。

「ひぃ~」
 更に、彼は、パチんとチンコも挟んだの。
「一番感じるところも・・・ね。いいだろ。」
「いや~だめぇ~許してぇ~」
「身をよじって逃れようとしても駄目だよ。」
「うぅぅ・・・」
「こんなにチンコが興奮して飛びでてるからね。」
「もう・・・もう・・・許して・・・」

「いい眺めだね。」
 そう言うと彼は和樹の下半身で揺れる5個の洗濯挟みを、指でピンピンしたの。
「痛い?」
「アナタ、許して・・・お願い・・・おかしくなりそうなの・・・。」
「ふふ・・・和樹はMだね。」

「こんなの恥ずかしいぃ~~あはぁ~」 
 痛くて恥ずかしいのに、和樹は体が疼いて堪らなくなっていたの。
「あはぁぁ~あんあんあ~ん・・・あはぁあはぁぁ~」 
「和樹ッたら、もう、妖しい声で喘ぐんだから・・・。」
 彼がチンコを洗濯挟で挟んで引っ張ると、和樹の身体は自然とブリッジに・・・。
「はああぁ~うぅ~アナタ・・・あなたのを頂戴・・・お願い~。」
 和樹は喘ぎながら求めたの。

 彼のモノはもうビンビンになっていたわ。
「後ろから、さあ、お尻を突き出してごらん。アナルが見えるように・・・そう、アナルの中で硬く勃起した男根を暴れさせてあげる。」
「あぁぁ・・・はやくぅぅ~」

「このまま入れるよ。」
 彼は肉棒を和樹のアナルに一気に貫いたの。
「チンコに挟んでるのもこのままだよ。」
「ひぃ~」
「あぅぅ・あぁぁぁ・・・」

 彼は、和樹の後ろから獣のように犯したわ。
「あぁぁうぅあああ・・・」
 和樹は痛みと快感の区別もつかなくなって喘ぎ声をあげたの。
「イイね、僕に虐められて、ケツマンココワレチャウかもね。」
「うぅぅ・・・あぅぁぁぁぁ・・・」
 お尻をワシづかみにされながら、和樹をお腰を雌犬のように振り続けたの。
「和樹は、虐められても、男のモノを入れいれして欲しくて堪らないんだね。」
「あぅぅぅぁぁ・・・」
 和樹には返す言葉もなかったの。

「あぅぅあああぅ・・・ほんとうに壊れちゃうぅ・・・」
 和樹は、あまりの快感に、歯を食いしばって、両手をかきむしって身悶えたの。
「あああああぅぅぅああぅぅ・・・いくくぅぅぅ・・・」
 とうとうそのまま和樹はイッテしまったの。和樹は本当に自分が変態だと思ったわ
-----
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://wcptc054.blog.fc2.com/tb.php/6-e6da36a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © オカマの和樹の部屋 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。